読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

ヒヤシンスの水栽培を始めた

ヒヤシンス用のかわいいガラス瓶にアイボリーの花が咲くらしい球根をセットした。水はギリギリ根につくくらい入れた。ネットの情報によれば、根が伸びるまでは暗くて寒い環境に置いておくと良いらしい。ただ家の冷蔵庫に入れるのは却下されたため、ディスク…

一人暮らしをすることになった

来月から初めての一人暮らしをすることになった。知り合いの引っ越しが決まり、彼女が現在住んでいる部屋にそのまま自分が滑り込むことになった。洗濯機や冷蔵庫など大半の家電製品を置いてってくれるとのことで、めちゃくちゃありがたいなーと思う。 とこ…

靴の手入れが趣味

靴の手入れが好きだ。やり方は、靴紐をとって、ブラシで埃をはらい、クリーナーで汚れを落とし、クリームを塗って、ものによってはミンクオイルをつけて仕上げる。めっちゃ普通。 こういう風にちゃんと靴の手入れをするようになったのは2年前にドクターマ…

七尾旅人とやけのはら

七尾旅人もやけのはらも名前こそ知っていたとはいえ肝心の曲を聴いたことがなかった。なかったんだけど、偶然YouTubeで行き当たった2人の合作がとても良くて、iTunesでこの曲だけ買った。2009年って大分前の曲という感じがする。この曲をイヤホンから流し…

他人をジャッジできない

他人の好き嫌いがハッキリしている人が羨ましいと思う。自分はたまに優しい人間だと言われることがある。でも自分の場合、それは優しさというよりも、本来の気の弱さと、他人を軽視してる傲慢さの表れなんだ。そりゃあ自分だって他人と対峙してるとき、好き…

老いるということ『ラデツキー行進曲』

8月下旬からさっぱりしない天気が続いている。今は開高健の『夏の闇』を読んでいる途中で、これがまたじめっとした最近の夜にぴったりの本なんだ。『夏の闇』の次には打海文三の『ハルビン・カフェ』が待機している。 この前まで読んでいたヨーゼフ・ロート…

2015年9月1日

人類にはきっと希望もある 『メトロ:ラストライト』

盆休みに入って早速『メトロ:ラストライト』を終わらせた。核戦争後もなお争い合う人類を描いた骨太なストーリーといい、荒廃した世界の緻密な描写といい、グイグイ引っ張られるゲームが好きな自分としては、かなり楽しめました。 メトロの居住区では、限ら…

もっと格好良く!『ジュラシックワールド』

今日は「ジュラシックワールド」を観てきました。全体の感想としては、今のハリウッドの悪いところを凝縮してしまったような脚本だ.......と思った。以下、不満点を挙げてみたいと思います。・恐竜がカッコよくない 「もっとデッカく!」というCEOのわがま…

時計焼けした

クソ暑い。毎日クソ暑い。日焼け止めも塗ったそばから汗で落ちていくようで、こんな日焼け跡ができてしまいました。これほど不精な人間だと分かりやすいサインも中々ないよなあ。ところで腕時計ってつけ忘れると地味に不便だよね。 最近格好いいなと思った時…

never young beach 『YASHINOKI HOUSE』

never young beach『YASHINOKI HOUSE』を毎日行き帰りのバスの中で聴いています。これがまたサイコーのアルバムで、最初の「どうでもいいけど」が流れた瞬間もう否応なしに楽しくなってしまう。それもテンションがわーって上がる感じじゃなくて、うはーなん…

「すみません」へのリアクションについて

今日、混み気味のバスの中でお姉さんに足をちょっとだけ踏まれた。そのお姉さんが自分の方に少し身体を向けて申し訳なさそうに「すいません」と言ってきたので、自分は「大丈夫ですよ〜」と返した。で、そう言った瞬間、あ、こういうの珍しいなと感じた。 …

The Jesus And Mary Chainのグッズが届いた

1週間前にJesus and Mary Chain — Merchayeで購入したジザメリの公式グッズが今日届きました。 DarklandsのTシャツ&Automaticのトードバッグ&ステッカー!むちゃくちゃ格好良い! 格好良くても品質は海外クオリティかな・・・と覚悟してたんだけどシャツも…

最近のこと

・会社員になった 会社員になったと書いたけど、まだ全く会社員になれていない。ただのバイトのような感じです。いろいろと雑用を頼まれるんだけど、やっている間に「あれもやっておくべきなのかな」「これはやらなくていい気がする」「これは確認した方がい…

香港旅行に行ってきた・総括

卒業旅行と称して香港へ行ってきました。結論としては、海外旅行に慣れてない人や英語がほぼ喋れないという自分のような人にはすごくオススメです、香港。以下、香港の良いと思ったところをザッと挙げてみる。1・航空券が安い 今回バニラエアを使って香港と…

最近のこと

・卒業旅行が近づいてきた 卒業旅行という名目で香港に行くことにした。香港に行って絶対コレがしたい!とか無いんだけど、街をブラブラしつつなんか美味いオヤツでも食べれたらいいなと思う。天気良いといいな。雨の予報なんだけどさ。・就職する会社でアル…

制御できない私の心 『フォックスキャッチャー』

『フォックスキャッチャー』を観てきました。 映画『フォックスキャッチャー』予告編 - YouTube レスリングの五輪金メダリストながらその日暮らしの生活を送るマーク・シュルツ。同じくレスリングの五輪金メダリストでさらにコーチとしての才能を持つマーク…

最近の物欲

①JanSport BIG STUDENTJanSport ジャンスポーツ リュック リュックサック BIG STUDENT ブラック TDN7 並行輸入品メディア: ウェア&シューズこの商品を含むブログを見る 以前はずっとジャンスポの定番中の定番、SUPERBREAKを使ってたんだけど、今は訳あって持…

どこで救いを諦めるのか 『アメリカン・スナイパー』

クリント・イーストウッドの『アメリカン・スナイパー』を観てきました。映画の主人公はアメリカ海軍の最強特殊部隊であるネイビーシールズで「伝説」と呼ばれた実在の狙撃、クリス・カイルという人物だ。緊張の連続である戦場と家族との穏やかな日常のギャ…

金沢旅行に行ってきた②

二日目 寒くて目が覚めちゃった、と言うと、電気毛布を敷いた布団と交換してあげたのにと言われた。試しにそっちの布団に入ってみたら、確かに掛け布団一枚でも十分にぬくい。すごいなー電気毛布。 二日目は最初に温泉に行った。車を飛ばして金沢から加賀を…

漫道コバヤシについて

最近まったく漫画を読んでないなーなんて思っていたら、ちょうどフジテレビONEで漫道コバヤシが再放送されていたので、ダラ見をした。スピリッツの編集部に行って花沢健吾と浅野いにおと対談したときの回で、ケンコバは番組内でスピリッツの歴代連載漫画の…

『ミュータント・タートルズ』を観た

朝一番で実写版『ミュータント・タートルズ』を観てきました。最初にタートルズを知ったのは小学生時代で、タートルズの二度目のアニメ化をわりと熱心に見てたことを覚えてる。ただ今現在ファンにまでなったのは、むしろ去年から見始めたニコロデオン製作の…

震災とシューゲイザー

東日本大震災のあとにチャリティーとして出されたシューゲイザーのコンピレーションアルバム、『The Light Shines into Your Dream』をまた最近よく聴いている。マイブラやアストロブライト、チャプターハウスみたいな大物も参加してて、当時そこそこ話題に…

金沢旅行に行ってきた①

少し前、三日間の金沢旅行に行ってきた。 出発と到着 アルバイトが終わってから最終の金沢行きに乗るためすぐ中央線に飛び乗って、東京駅まで行った。新幹線の乗車券を買って、お土産に東京ばななを買って、駅弁を買って上越新幹線に乗りこむ。買った駅弁は…

卒業論文の口頭試問について

今月の頭に卒業論文の口頭試問があった。自分の学科の場合は、指導教授しか卒業論文を読まないので口頭試問も指導教授との一対一で行われる。そこで教授から褒められたこととダメだしされたことの両方を、思い出してまとめてみた。 褒められたこと ・大学院…

Hotline Miamiが面白い

今更ながらHotline MiamiをSteamで買ってやってます。一見大味な残酷ゲームって感じだけど、動かし方とか倒し方にはかなり色んなパターンがあって、よーしどこの部屋から制圧していこうかっていう戦略を練るのがすごく楽しい。そして敵も予想外の素早い動き…

自分の女性観

最近「女性の嫌いな女性」がよく話題に挙がってる気がする。そこで出てくる女性に嫌われる女性像の中に理解できるものが無いとは言わない。ただ「女性の嫌いな女性」で盛り上がるその場所に入り込んでいくことは自分には難しいと思った。 自分の女性嫌いとい…

最近のこと

・タリーズの本日のコーヒー タリーズで本日のコーヒーを頼むと、大体「少々お時間いただきますがよろしいですか?」と言われる。単にそういうシステムなのか、それとも頼む人が少ないからまず用意から!みたいな感じなのか分からないけど、「あ、面倒かけて…

卒業論文を提出した

卒業論文の提出が終わった。提出の前日に中表紙を入れてないことに気づき、急いで24時間営業のキンコーズに出しに行くというハプニングもありましたが。 製本が出来上がるまでの4時間、マックで時間を潰す間に青空文庫で芥川龍之介の短編をいくつか読んだ。…

ヘッセ『シッダールタ』

シッダールタ (新潮文庫) 作者: ヘッセ,高橋健二 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1959/05/04 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (120件) を見る この本のハイライトはシッダールタの息子に対する愛情だと思った。どんなことを…

年末の府中運転免許試験場に行ってきた

年度内で卒検の学科試験を受けられる最終チャンスだった12/26、府中運転免許試験場に行ってきた。 そもそも教習所では8:30から受付と聞いていたけれど、実際は12/22〜26の間は8:00から受付だった。なので8:15に着いた時には既に1階は激混みで、やっちまった…

「ベン・ハー」を観た

ベン・ハー 製作50周年記念リマスター版(2枚組) [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2012/11/07 メディア: Blu-ray クリック: 5回 この商品を含むブログ (8件) を見る Wikipediaによれば「黒澤明は「『赤ひげ』なんてベン・ハーの1…

反省をした

1週間くらいサボってた教習所にまた通い始めてもうすぐ仮免試験というところまで来た。 昨日はおじさんの教官だったんだけど、1時間ずっと「ハンドルを戻してから合図出せば良いからね〜」って言われてたのに、終わって車を降りる間際に「ハンドルと合図ど…

学校生活でのポジション

中学時代はそこそこ友人がいた。自分はスクールカーストで言えばちょうど真ん中だったと思う。大抵その真ん中に位置する人たちと遊んでたけど、たまにスクールカースト上位の人たちとも二人で遊ぶことがあった。彼女たちはプリクラが好きで、小池徹平が好き…

怖いものが沢山あった

昔は怖いものが沢山あった。ただその「怖い」は大人になってからの「怖い」とはちょっと質が違って、何年も何年も自分を暗い気分で縛り付ける類のものだった。トラウマみたいなやつだ。それについていくつか思い出してみた。・父のゴルフバッグ真っ黒なゴル…

栃木県に紅葉と銅山を見に行った②

戦場ヶ原のハイキングに行ったあと、自分の希望で足尾銅山に寄った。大人は入場料820円。時代を感じるトロッコで坑道に入っていくんだけど、トロッコは入ってすぐ止まってあとは徒歩で坑道の中を巡る。水が天井から壁から常に垂れている。天井は167cmの自分…

栃木県に紅葉と銅山を見に行った①

紅葉を見に行こうということで日光まで行って来た。夜に東京を出てパーキングで少し寝て朝7時に中禅寺湖に着いた。まずこの車中泊が寒すぎてまったく眠れなかった。ちょうど出掛ける直前に読んでたホーチミンの「夜冷」という詩を思い出す。 中禅寺湖に着い…

教習所に行きはじめた

東京は現在13℃です。今日は本当に寒かった。最近まで雨が降ってるときは寒くても雨が止むと少しは暖かくなったように感じられた。でも今日は雨が止んだあともひたすら寒かった。むしろ雨が降ってるときよりも寒かった。冬が来たんだなー。 最近ようやく教習…

写真にも記憶にも残りたくない 平野啓一郎『文明の憂鬱』

平野啓一郎の『文明の憂鬱』の中に写真についての章があった。筆者は作品としての写真を見ることは好きだけれど、記念として写真を撮ること、自分の写真を撮ることは嫌いだと言っている。そしてその理由のひとつとして、自分の記憶過多を挙げている。多すぎ…

昨日見た夢

自分は学校の教室で座っている。隣の席にはいつの間にか男の先生が座っている。顔は分からない。机は長机で、先生との間に1冊の本が開いた状態で置いてある。その本にはイラストが描いてあって、先生がその中からある特定の絵を探そうと言う。自分と先生が…

4人の子どもを産んだ理由

母は自分も含めて4人の子どもを産んでいる。母が今の自分の年齢だったときには、もうすでに1人目の子どもを産んでいた。自分は現時点で全く子どもが欲しいと思わないし、ましてや子どもが欲しいから結婚するなんていうことはとても理解できない。でも現に母…

神田川「記憶に残る風景」 #地元発見伝

神田川「記憶に残る風景」 #地元発見伝 東京都 小学校のとき、総合の授業になると神田川がテーマになることが多かった。たとえば神田川の歴史を調べたり、川の源である井の頭池から歩いてみようというようなイベントがあった。あとは橋からペットボトルを投…

Air Canadaのキャンペーンに応募した

ツイッターで強制的に出てくる広告は滅多に押したりしないんだけど、今回は押した挙句に応募までしてしまった。あなたはどっち派?エア・カナダの冬デスに行く!航空券プレゼントキャンペーン キューバって一体どういう国なんだろう。パッと浮かぶイメージ…

LEO今井を聴いている

LEO今井のこの曲を知った。とてもいい曲だと思った。 高校生のころまで新宿の高層ビル群が見えるところに住んでいて、ポツポツと夜遅くまでついているビルの電気だったり航空障害灯(いま正式名称を知った)の赤い点滅をベランダから見るのが好きだった。その…

宮本常一『忘れられた日本人』

読んだ。民族学者である著者が江戸末期から戦後を生きた主に西日本の老人たちのもとを訪れて聞いたさまざまな話がまとめられている。全体を通して読んでみると、静態的で閉鎖的だと思っていた日本の「ムラ」のイメージが大きく変わって、生き生きとこちらに…

2chから学んだ面接のコツ

就職活動の時に2chを見ない方がいい、精神衛生上悪いから。 という14卒の先輩のアドバイスは聞いていた。にも関わらず実際に試験や面接が近づいてくる頃になると、つい2chを覗いてしまう。ただ、自分はそもそも友人と就職活動の経験が少ないので、面接につい…

大学の講義のこと

大学に五年間通っているけど、正直に言って講義の内容なんかほとんど覚えていない。去年の講義でさえそんな感じ。覚えていることがあるにせよ雑学程度の知識ばかりで、将来何かの役に立つことはまずないと言っていい。 ただ知識としては残っていなくても、…

ゴリラはかなり固い 高野秀行『幻獣ムベンべを追え』

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫) 作者: 高野秀行 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2003/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (49件) を見る 筆者をリーダーとした早稲田大学探検部のメンバーが、コンゴ奥地の湖にいると伝え…

情が薄いだけかもしれない

2月は28日までしかないということに今日気がついた。 今日の夕方、向かいの家に救急車が来ていた。向かいの家に住んでいるのはおじいさんとおばあさんと自分は一度も姿を見たことがない息子さんだ。救急車来たの全然気づかなかったね、誰が運ばれたんだろ…

超能力と物理学を繋ぐ アーサー・ケストラー『偶然の本質』

大多数の人間にとってテレパシー・念動・予知・心霊術といったものは、フィクションとしては楽しめても、現実の世界にそれが存在するとは簡単には認めることが出来ない現象だ。けれど現代の物理学の世界では、素粒子といったミクロな世界から天文というマク…