読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

昨日見た夢

  自分は学校の教室で座っている。隣の席にはいつの間にか男の先生が座っている。顔は分からない。机は長机で、先生との間に1冊の本が開いた状態で置いてある。その本にはイラストが描いてあって、先生がその中からある特定の絵を探そうと言う。自分と先生が一緒に探している内に、日が暮れはじめて、部屋の中がどんどん暗くなってくる。そのせいでイラストもどんどん見づらくなってくるのに、先生は何も言わない。よく見れば周りには他の生徒もいるのに誰も何も言わない。イラストがますます見づらくなってくる。ついに仕方なく「先生、電気つけませんか?」と提案する。するとそれを聞いた先生はひどく怒って、自分を殴ろうとしてくる。そこで場面が急に変わって、自分の家になる。怒っている先生が、いつの間にか怒っている父になっている。父はなぜか妹を殴ろうとしているので、自分は妹を連れて玄関から外に逃げる。「虐待です!」と叫ぶけれど、外は真っ暗で誰の気配もない。自分は地面に倒れる。足元を見ると父が立っていて、自分の脚を持ちあげて、骨を折ろうとしている。「ああ、こんなの嫌だ」と思ったところで目が覚めた。
  ちなみに父に殴られたことは一度もないです。