読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

金沢旅行に行ってきた①

 少し前、三日間の金沢旅行に行ってきた。

出発と到着

 アルバイトが終わってから最終の金沢行きに乗るためすぐ中央線に飛び乗って、東京駅まで行った。新幹線の乗車券を買って、お土産に東京ばななを買って、駅弁を買って上越新幹線に乗りこむ。買った駅弁は売店でオススメされていた900円の「30品目バランス弁当」というやつなんだけど、これがかなり美味しくて東京都を出る前に完食した。残りの時間は近藤紘一の『サイゴンのいちばんながい日』を読んでいた。

f:id:bnnfsh:20150215231112j:plain

 金沢に行くには越後湯沢ではくたかに乗り換える必要がある。ただ、この日はあいにくの天気ではくたかが30分遅れていて、結局1時間くらいは越後湯沢で待った。雪は強くなったり弱くなったりを繰り返していた。はくたかは出発してから少しすると長いトンネルの連続地帯に入るのでネットは使えない。なのでコーヒーを買ってから本を読んだり、少し寝たりしていた。それからは遅れることなく無事に2時間半後、金沢に到着した。この時点で0時半だった。人と合流して、家に行きこの日は就寝。ただ町家だからかめちゃくちゃ寒くて、夜中に何度か目が覚めた。

一日目

 初日は金沢市内を一人でブラブラすることになった。前日までいい天気だったという金沢は、今年一番の寒気に見舞われていて、かなりの雪が降っていた。おかげで初めて雪の中の兼六園を見ることが出来た。雪吊りされた松はやっぱり特別美しく見えました。

f:id:bnnfsh:20150215231045j:plain

 それから尾山神社に行った。めずらしい和洋折衷の格好をした神社で、大きいビルが立ち並ぶ中でかなりの存在感を発揮していた。雪が強かったのでお参りして即移動した。

f:id:bnnfsh:20150215231151j:plain

 あとは109裏の長町武家屋敷跡の一角にある野村家に行った。最初は何組か観光客もいたんだけど、トイレに入っている間に皆いなくなってしまい、有名な庭を貸切状態で見ることが出来ました。ギュッと小さい庭なんだけど、立体的かつ整然とした世界で、いつまでも見ていられるような気がした。庭に面した部屋の意匠もかなり豪華で凝ってたから、昔はそこから来客に自慢したんだろうなあ。奥には野村家のお宝がいくつか飾ってあった。明智光秀朝倉義景からの感謝状の他、狩野宗益の絵なんていうのもあった。この宗益の画が良かった。

f:id:bnnfsh:20150215231334j:plain

 そのあと夕方にかけて雪の勢いが強くなり、早々と家に退散。夜は鰯専門店で春巻きや寿司やコロッケといった鰯の料理を食べました。美味かった。