読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

最近のこと

・会社員になった
  会社員になったと書いたけど、まだ全く会社員になれていない。ただのバイトのような感じです。いろいろと雑用を頼まれるんだけど、やっている間に「あれもやっておくべきなのかな」「これはやらなくていい気がする」「これは確認した方がいいだろう」みたいな考えが頭をよぎるじゃないですか。にもかかわらず、なぜか実際の行動としてはやるべきことをやらず、やらない方がいいことをやるという選択をとってしまうんだよね。そして注意されて、「ああ、やっぱそうすべきだったんだ....」と後悔する。こういうパターンが頻発している。この考えと行動のギクシャクした関係は一体何なんだろう?正解が見えていない訳ではないのに、まるで自分が自ら頭が悪い行動を選んでるような、そういう気持ち悪い感覚だけが残る。そんなこと望んでないのに。ああ、それが「頭が悪い」ってことなのか。
 
 ・奥田民生にも若い頃があった
 
 奥田民生といえばおっさんの代表でありむしろ生まれてからずっとおっさんくらいに思っていたから彼にも若い頃があったなんてことは想像すらしたことがなかったんだけど、夢で逢えたらで「ツイストで目を覚せ」を歌う奥田民生は確かに若くて驚いた。松ちゃんのリコーダーが嘘だろってくらい己の道を行ってて面白い。ゴメンて!
 
 
 
・インヒアレントヴァイスを観た
 
   PTA監督の『内在する欠陥』を観た。60年代から70年代へと移り変わるLAを舞台にヒッピー探偵が不動産王の愛人になった元カノを助けるため頑張るというお話。自分の周りで何かが変わっていく。具体的には言い表せないけれど、何かこれまでとは違ってる。しかもそれはどこか良くないニオイがする。そうした探偵の直感的な違和感だけをたよりに、キメまくりのホアキン・フェニックスがひたすらそのニオイの痕跡を追っていく。全編通してそんな調子で、まあ煙のようにまったく掴みどころのない映画だった。ただ自分の直感的な違和感をスルーせず信じるというのは大切なことだと思う。そのために必要なのはビーチのような場所を心の中に持っておくことかもしれない。何にも影響されず、汚されない自分だけの場所を。そんなメッセージがあったような、なかったような気がした映画だった。ピンチョンの原作が読みたいなあ。