トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

コミュニティの中で生きる「ヤバい社会学」

ヤバい社会学

ヤバい社会学



  図書館で借りてきて、読みました。1990年代にシカゴ大学社会学を専攻していた著者は、低所得層の黒人たちが数多く住むシカゴの巨大団地、ロバート・テイラー・ホームズで実際にそこで生きる人々とツるみながら、内側から彼らの生活を眺め、研究をしようとした。この本は社会学的な調査の結果をまとめたというより、著者がどういう風にコミュニティに入って人々と関わっていったか、ということが書かれている。難しいデータや数字なんかは出てこず、スラスラ読めてとても面白かったです。
  あたしたちはコミュニティに住んでいるんだよ。わかる?団地に住んでいるんじゃないの。
  団地には様々な人間たちが出入りしている。住民たち、ギャング、ヤク中、売春婦、ホームレス、警察、牧師、役人など、実際にそのコミュニティの中に入ってみないと体感できない微妙な力関係だったり、助け合いがあることが読んでいると分かってくる。相手を恐れているが一方で頼っている。女同士、男同士という連帯もあったりする。
  そしてこの複雑なコミュニティの中では、色んなところに顔を出すということがどれほど大切なのかが、団地を取りまとめるギャングのリーダーであるJTの仕事を見ているとよく分かってくる。JTの仕事は管理職といった方がいい。団地の見回り、大きなことに繋がりそうな揉め事の解決、リーダー同士の調停、子供たちに与える文房具への寄付、パーティーのあとの掃除に人を派遣する、などなど。
  この本を読む前、自分はこんな本を読んでた。

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)


  駅前の古い不動産屋が、なぜ潰れないかというと、彼らには独自のネットワークがあるからだ、という話だった。その確固たるネットワークは、日常のチマチマした手伝いに支えられている。具体的に言えば、商店街のイベントに参加、ごみ掃除、葬式の手伝い、ちょっとした送迎、問題を解決したい人に解決できる専門家を紹介するなど。こういう手伝いで顔を売っておく、人と関わっておくことが、あとあと相続の時に大きな話が来たり、人づてに物件の管理が回って来たりすることにつながる訳だ。だからいわゆる部屋探しをしている新規顧客がほとんどいなくても、街の不動産屋の経済は回っている。自分もそれに近いところで働いているけど、これは本当にその通りで、頷くしかなかった。あるコミュニティで権力を握ったり、のちのち大きなバックを得るには日常の手伝いが一番重要という点で、90年代のシカゴのゲットーと現代の東京が結びつくとは思わなかった。
  ただ、彼らのコミュニティが上手くいっているように見えたとしても、元々少ないパイの中でやりくり・取り合いしてることには代わりがないのが問題だろう。あとは権力のある個人への依存が大きいほど、その個人がいなくなったときにどうなるんだろう、という問題もあるかもしれない。どうやってパイを増やすのか考える時に、社会学が、そしてこういうコミュニティの内側から見た研究が活きていくんだろうなと思った。

賃貸不動産経営管理士の試験を受けてきた

  今日は賃貸不動産経営管理士の試験を受けてきました。どうでもいいんだけど市ヶ谷と御茶ノ水の、改札を出た瞬間の風景ってすごい似てるのね。
  内容は個数問題が増えて、それぞれ難化してましたね。出題方式が宅建に似てきているみたい。18時に公開されたLECの解答速報と照らし合わせたら、40点満点中34点だった。とりあえず30点を超えていれば大丈夫じゃないでしょうか。でも宅建を去年勉強していて、マンション管理士と管理業者を今年勉強していなかったら一体何点だったんだろう。今回、賃貸不動産経営管理士の勉強としては、テキスト2回読んで、問題集を1回解いて間違えたところを見直ししたくらいだった。それだけだったら多分落ちてたなーと思う。賃貸不動産経営管理士についてや、ガイドラインや設備なんかの問題は相変わらず常識問題だったけど、債権の譲渡とか、転貸とか、賃料増減請求権とか、その辺りはかなり迷って、間違えた。次の試験に通じるところがあるから、気をつけないとなー。いよいよ来週のマンション管理士が鬼門です。受ける方、頑張りましょう。

最近のこと

初恋の嵐「untitled」
  シンプルな構成なのに、妙にぐねっとした感じが、ハマる。えーこんな曲ありなんだ、と思った曲は久し振りだ。あと歌詞もいいな。恋愛のヒリヒリした、苦い感覚が漂っている。「お前が望むものなどここには残ってないよ」


・引っ越すことにした
  更新したばっかりだけど、家を出ることになった。引越し先はたまたま仕事で見に行った物件で、朝はじめて部屋を見て、昼には引っ越すことを決めて申込書をオーナーに出した。今の家から良くなるところしかないのに、家賃が大して変わらないところが決め手だった。今の家も悪くない部屋だと思うけど、日当たりが良い、上階がいない、会社の前を通らなくてもいい、モニターホンがほしい、キッチンでお湯が出る、駅に近い、っていう「こうだといいな」がすべて揃っている部屋で、ちょっと感動すらしてしまいました。賃貸の住居って本当に建物そのものと間取りに大きく左右されるなーと改めて思う。入居後に改善できる部分は、思っているより少ないし、何より面倒くさい。素材がいい美人と生まれつきのブスみたいな話?元々の素材で95パーセントは決まっているんだ!

・ピアスの穴を開けた
  皮膚科で開けた。待ち時間も含めて20分位の所要時間で、ファーストピアス含み両耳で5000円。今まで自分の耳の形なんてしっかり見たことがなかったけど、場所を決めるときに看護師さんから「こっちの耳は耳たぶが広いけどこっちは尖ってて〜」みたいな説明があり、おお確かになーって感じで面白かった。ただど真ん中に穴を開けりゃあいいのかと思っていたけど、そうではなかったらしい。最近の流行りっていうのもあって女性は耳たぶの下側、男性は真ん中らしい。
  実際に穴を開ける施術は2分位で終わった。アルコールで耳を拭かれて、「少し痛いけど跳び上がるほどじゃ無いから。行くよー。」と言われて、ビシビシと開けて終了。本当にその通りだった。最初はじーんとするけど、1時間も経つと一切違和感がなくなった。看護師さんが最後「似合ってるね」と言ってくれて嬉しかったけど、うまく反応できなくて「うへへ...」って笑っといた。

日記

資格の話
  今年の宅建も終わりましたね。一年間が本当にあっという間だ。宅建は去年とったので、今年はこれからマンション管理士管理業務主任者の試験を受ける。マンション管理士宅建より合格率がずっと低いけれど、問題自体は宅建よりよっぽど素直だと思う。すぐ実務に役立つことにはならないけど、分譲マンションみいな複雑で面倒くさい現実を成り立たせている決まりを知るのは、それだけでも中々面白い。自分はこの資格試験に限らず、具体例の前にそういう根本的な理屈の方を先に知っておきたいと思ってしまうタイプです。これをとれたら次はFPとろうかな。何か資格好きみたいになってきた。

26歳になった

  先日26歳になった。ツイッターにも書いたけど、生きるのには恥ずかしく、開き直るには足りない歳という感じです。自分が「深夜特急」を読んだのが多分20歳の頃だった。あの本の中の沢木耕太郎は26歳で、それから何となく26歳という年齢を意識して生きてきたけど、こうもあっさりなってしまうとは。新しいことを無理やりにやる力、まだ自分に残っているのか怪しいけど、もうこの段階の人生にもいい加減飽きてしまったよね。環境を変えるしかない気がする。