トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

救えない兄弟たち「ミーン・ストリート」

  マーティン・スコセッシの「ミーン・ストリート」を借りてきて、何年振りかに観た。大好きな映画のひとつです。

ミーン・ストリート [DVD]

ミーン・ストリート [DVD]


  この映画にはワルは沢山出てくるけど、本気の悪い奴は出てこない。主役のチャーリーも人当たりは良い以外は何がある訳でもない青年で、でも人生で勝ち上がりたいと望んでいて、いつも悩ましいような、真面目くさっているような、そんな表情をしている。全編通してチャーリーのこの神妙な顔が好きだ。
  もう一人の主役がひたすら破滅的に生きるジョニーボーイ。映画は「教会で罪を贖うことは出来ない。街や家庭で贖うのだ。」というチャーリーの独り言で始まるけど、チャーリーは面倒ばかり起こすジョニーボーイの存在を自分の贖罪だと思って助け続けている。ジョニーボーイは全くもって上手い生き方を知らないし、知ろうともしない。そこに苛立つチャーリー。この映画はこの二人の押し問答がひたすら続く。
  ジョニーボーイは悪人ではないが、返すはずの金を使った上(しかもそれは返済のためにチャーリーから借りた金)、開き直ったあげく借りた相手を挑発するようなことをやらかす。またベトナム戦争から戻ってきた青年のお帰りパーティーで、その戦争帰りの青年が突然キレ出すシーンがある。誰にも分からないトラウマを抱えて戻ってきたらしいこの青年やジョニーボーイの突拍子も無い行動は、上手く生きているはずの人間たちをバツが悪い気持ちにさせる。この辺りの「救いようがない人々」に対する微妙な空気感が、ベトナム戦争という時代を反映していると言われるのかなーと今回見て思ったりした。
  まあこの映画は、二人でゴミ箱の蓋を持ちながらじゃれあったり、チャーリーに怒られて泣くジョニーボーイだったり、そういう二人の友情の描かれ方が何だかんだ好きなんだけど。

日記でごわす

  「戦争と平和」の1巻を読み終わった。登場人物が多くてゴチャゴチャしてきたので、見取り図を描いた。スッキリ。今日張り切って2巻も買ってきた。
  あとボンヤリしてたらいつの間にか相撲が始まってた。前回見に行ったの、もう1年も前なんだ。見たいなー。
  「ワイルドスピード アイスブレイク」は見た。みんなもっとドムに怒ってええんやで!あとホブスとショウの見せ場がたっぷりあって楽しかった。二人が刑務所で言い合ってる時が面白かったな、なんて言ってたか忘れたけど。
  最近、自分の人生の中で今が一番良い時期だな、という考えが頭をよぎったりして、辛くてでも幸せみたいな複雑な気持ちになる。行き詰まりなのかな。自分のことは難しいな。

日記

・夢の話
  自分の部屋が夢に出てくると、夢から覚めたときに、現実とごっちゃになってしまうことがある。この前は夢の中で部屋の真ん中にいるゴキブリにゴキジェットをかけてたので、起きた瞬間にゾッとして慌てて部屋を確認した。何もなかったので、さっきのことが夢だと気づいた。もし本当にゴキブリが死んでいたら、自分は夢の続きだと思うのか、それともゴキジェットをかけたことが現実だと思うのか、どっちかは分からない。

トルストイ戦争と平和」を読み始めた
  「復活」で弾みをつけたので、遂にこの大作に手をのばしてしまった。長編小説の良いところは気が抜けないところだ。無事に読み終えられますように。

・テレビの撮影
  この前、会社の近くでNHKの生放送の撮影をやってたんだけど、そんなに長い時間の番組じゃないのに兎に角ロケに関わっている人間の多いことにビックリした。撮影の4時間前から関係者はバタバタと準備、警備のバイトの人も既に配置についている。大変だなーと思うと同時に、なんだこれ、とシラっとした気持ちになった。一つのTV番組には恐ろしい金と人力がかかっているという事実。それがどんなに短い、つまらない内容でも膨大な資源が投入されている。なんか、TV業界はまだまだ豊かなんだなーと思った。

新卒向け会社説明会に出席した。

   先日、2018年度新卒採用のための会社説明会があった。例のごとく先輩社員として出席してねという声がかかり、話をしてきました。というか今思い出したけど、説明会の応募ページに掲載されている「先輩社員の声」の先輩社員、今回は自分だった。ということはあの場にいた人たちは皆、不器用な笑いを浮かべている自分の写真とか、総務の人が練り上げてくれた「仕事のやりがい」なんかを多分一度は見て来てくれている訳で...。うわー恥ずかしい。なんかこう、自分が自分として認識されてる空間が無理なんだよな。そういう空間がどっかにあるのはいいけど、そこにはいたくないという。説明会の前に思い出さなくて良かった。
  座談会のときは結構身構えてたんだけど、来てくれた人たちから突飛な質問は全然なかった。「仕事のやりがい」「仕事で苦労したこと」「残業の時間」「休みの取り方」等々...。ちょっと拍子抜けした。嘘はつかずにできる限りありのまま回答したつもりだけど、こういう回答をしてると、いかに自分が感覚的に仕事をしている部分が多いのかを実感しますね。人に教えられるようなノウハウがない。「誠意を持って、相手の話を聞き、色んな角度から理解しようと努める」ということをフワ〜〜とやろうとは思ってるんだけど。まあフワ〜〜としてても仕事はやれるし生きていけるよ、ということが少しでも伝わって、学生の肩の荷が下りれば良かったと思うのですが。

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)