トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

日記

  年が明けてから休みがずっと週に1回で、休みの日も何となくどんよりした気分を引きずっている。身体的な疲れは何とかとれるんだけど、精神的な疲れがとれない。あと最近になって独り言がめちゃくちゃ増えている。しかも汚言症っていうのか、突発的にあー死ねとか、バカとか言ってしまう。良くない傾向だと思うんだけど、今は休めないし、はぁという感じです。精神的な疲れを感じたら、今のこの時代や社会とは、全く関係ない本を読むのが結構いいと思う。ついこの前、1848年のウィーン革命を扱った良知力の「青きドナウの乱痴気」を読み終わった。これが凄く面白い本で、また感想も書きたいと思う。それにこの本は文章がとても明晰で、読み終わったあと、頭の中がクリアになった気がしたのでそれも良かった。

青きドナウの乱痴気―ウィーン1848年 (平凡社ライブラリー)

青きドナウの乱痴気―ウィーン1848年 (平凡社ライブラリー)


罪と罰と赦しートルストイ「復活」

  大学生の時に手に取った本の中で、自分にとって影響が大きかったものを挙げるなら、トルストイの「クロイツェル・ソナタ」は必ず入れないといけないと思う。人間の性欲という恐ろしい怪物に、ここまで正面からぶつかっていくような作品は小説以外でも出会ったことがなかった。まあそう言いながらも、トルストイの他の小説は長いのでずっと敬遠してきたんだけど、年末年始の休みになんとか「復活」を読み終えることができた。あらすじはウィキペディアによると以下の通り。

  若い貴族ドミートリイ・イワーノヴィチ・ネフリュードフ公爵は殺人事件の裁判に陪審員として出廷するが、被告人の一人である若い女を見て驚く。彼女は、彼がかつて別れ際に100ルーブルを渡すという軽はずみな言動で弄んで捨てた、おじ夫婦の別荘の下女カチューシャその人だったのだ。彼女は彼の子供を産んだあと、そのために娼婦に身を落とし、ついに殺人に関わったのである。
  カチューシャが殺意をもっていなかったことが明らかとなり、本来なら軽い刑罰で済むはずだったのだが、手違いでシベリアへの徒刑が宣告されてしまう。ネフリュードフはここで初めて罪の意識に目覚め、恩赦を求めて奔走し、ついには彼女とともに旅して彼女の更生に人生を捧げる決意をする。本来なら軽い刑罰で済むはずだったのだが、手違いでシベリアへの徒刑が宣告されてしまう。ネフリュードフはここで初めて罪の意識に目覚め、恩赦を求めて奔走し、ついには彼女とともに旅して彼女の更生に人生を捧げる決意をする。

  ネフリュードフとカチューシャの因縁とも言えるこの恋愛を通して、人間にとって罰する/赦すとは何だろう?ということをぼんやりと考えてみた。
  ネフリュードフは刑務所に収監されたカチューシャの元に通う内に、様々な犯罪者たちと関わることになる。そこで不当に拘留され続けている女性や、軽い盗みを犯した若者や、夫を毒殺しようとしたが後に改心して再び夫の実家に戻って家族仲良く暮らしていた女性など、とても罪深いとは言えないような人たちが、極めて一部の重い罪の人たちと一緒くたにされて、罰を与えられているのを知る。ネフリュードフは一つの悪い人間を罰しようとするために、その周辺にいる大した罪を犯していない人まで罰している、当時のロシアの司法制度に違和感を持ちはじめる。育ちも悪くなく容姿端麗なカチューシャだって、ネフリュードフに襲われさえしなければ、罪に問われることもなく、もっと恵まれた人生を送っていただろう。一方で自らの欲望によって一人の人間の人生を壊した罪深いはずのネフリュードフは、外の世界で恵まれた人生を歩んでいる。一体、人間が人間に下す罰にはどれほどの正当性があるのかという疑問が浮かんでくる。罰するという行為は、システマチックに、たやすく行われているけれど、ある罪に対してどの罰を与えるかということは実は人間の手に余るような、すごく難しい問題なのではないか。
  ネフリュードフがカチューシャのためにシベリアで人生を送ると決めたように、一生を償いに捧げることは確かに究極の罰なのかもしれない。ただカチューシャはそれを望まず、ネフリュードフを愛するが故に、別の答えを選択した。
  この小説では、人を罰することの困難さと対照的に、人を赦すことはずっとたやすいこととして描かれているように思った。ふつう人間にとって、憎い、罰を与えたいという感情は自然だと考えられており、愛や赦しの気持ちはハードルが高く、中々難しいと考えられがちだ。それができる人は凄い、偉い、聖人だ、と言われる。でも実際はその逆で、憎しみによって罰を与えることよりも、愛や赦しを与えることの方が人間にとってずっと簡単なことなんじゃないだろうか。それを考えると「汝の敵を愛せよ」のようなキリストの教えが、すごく腑に落ちるような気がした。ああ、このことを言っていたのか、という感じで。

復活 (上巻) (新潮文庫)

復活 (上巻) (新潮文庫)


タラレバはつきまとわない

今週のお題「私のタラレバ」


  考えてみたけれど、あの時に戻りたい、やり直したい、という瞬間は特に思い浮かばなかった。それはたぶん、生きていくことは色んなことが終わっていくことだと、自分が常日頃から意識しているからだと思う。自分がやらなくちゃいけないことはあらかじめ決まっていて、それを終わらせていく、もしくは終わるのを待つだけ。終わったら、作業済みリストにチェックを入れて、それで終了。だから実は、自分は今この瞬間の状態が一番身軽で一番いい。一度終わったことを蒸し返す「タラレバ」なんて考えたくもない。でもこの考え方のマズいところは、嫌なことにもいつか必ず終わりがあると、つい思ってしまうところだ。終わりのない嫌なことほど嫌なものはない。もしそういう事態にぶつかったとき、どう生きていけばいいのか、それが少し怖いなと思う。だってその先は死ぬしかないからね。

スーツを買った

  急遽スーツが必要になり、社会人になって初めてスーツを買いに行った。最初はストライプのものを買おうと思っていたけど、うっすらチェックが入っているやつが良かったのでそっちにした。後ろから見たときにジャケットの脇下の部分(なんて呼ぶんだろう?)が一番キュッと締まっているのが良かった。ジャケットとパンツとベルトで3万円くらいだったので、去年の会社の賞金で買いました。もう向こう10年間は買わないと思うので、大事に着たいですね。

f:id:bnnfsh:20170118220323j:image