読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキオブログ

思うことをうまく文章にしたいです

金沢旅行に行ってきた②

二日目
  寒くて目が覚めちゃった、と言うと、電気毛布を敷いた布団と交換してあげたのにと言われた。試しにそっちの布団に入ってみたら、確かに掛け布団一枚でも十分にぬくい。すごいなー電気毛布。
  二日目は最初に温泉に行った。車を飛ばして金沢から加賀を目指す。ただ飛ばしてといっても昨日の雪で道は完全に凍っていて、かなり緊張感のある行程だったんだけど。加賀はどこを見ても真っ白で平野の先の地平線が分からないくらいだった。無事に到着した後、この山代温泉の古総湯に入った。
  シャキシャキしたおばちゃんに買った券を渡して、貴重品はロッカーに入れる。脱衣所はその先にあるんだけど、実は風呂部分と同じ部屋内にあるので、脱衣所も当然湯気でもうもうとしていだ。なので貴重品と言わず、濡らしたくないものは全部先にロッカーに入れておく必要がある。
  身体を洗う場所がない風呂なので、掛け湯をしてすぐ風呂に入る。あまり大きい風呂ではない。温度が高いからかみんな縁に腰掛けていて、こないだ見たトルコ風呂の絵を思い出した。お湯に映るステンドグラスが綺麗でした。
  風呂に入ったあとは、2階の畳の部屋で休憩した。お茶や水が置いてある他、向かいの店からアイスの出前もやっているみたいだった。身体を洗っていないので今度は洗い場がついている総湯に入らなくてはいけないんだけど、自分たちはあえてここの総湯ではなく湯涌温泉まで行くことにした。
  その前に大野のヤマト醤油工場に寄った。ここはちゃんと観光地化していて、お土産の種類も豊富で楽しい。有名なのはこの醤油ソフトクリーム。塩がきいているけど、辛くはない。何て言ったらいいか分からないけど結構イケる味。f:id:bnnfsh:20150219003602j:plain
  ちなみに古い建物を改修したと思われるとても雰囲気の良い食堂で食べることができる。普通のレストランみたいにご飯も出しているみたいだ。
f:id:bnnfsh:20150221184313j:plain
  そして湯涌温泉へ。ここで白鷺の湯という風呂に入りました。露天と中に風呂が一つずつ。露天風呂は長く浸かるにはもってこいの温度だった。中の風呂には飲水用のひしゃくが置いてある。初めて飲む温泉は、普通の水より大分硬くて、金属を飲んでるみたいな味で面白かった。調子に乗って3杯も飲んだらちょっと気持ち悪くなった。
f:id:bnnfsh:20150221121518j:plain
  それからまた移動で今度は氷見のきときと寿司へ行った。北陸在住の人によると、チェーンであるきときと寿司の店舗の中でもここが一番美味しいらしい。入ってみたら内装がかなり変更されてて、くら寿司みたいな注文パネルが導入されていて驚いた。ぶりとあぶり3種が特に美味しかったなあ。これは前に来た時の写真だけど、こんな感じ。ご馳走さまでした。f:id:bnnfsh:20150221182821j:plain
  三日目は大したことをしていないので日記はここで終わりにして、金沢のお土産についてでも書こうと思う。